白髪染めならトリートメントがオススメ!始める時期や年齢はいつから?

白髪染めならトリートメントがオススメ!始める時期や年齢はいつから?

あれ?ふといつものように覗き込んだ鏡…髪の毛の中にキラキラとした白髪を1本見つけてしまった時は、とてもショックですよね。

「うわ、きた…。」

でも、部分的にまだまだ目立たないし、そこまで気にする必要はないと思いますよね。
それが20代の若白髪ならまだしも、30代以上の加齢による白髪なら一気に増えてきますし、気がつけばめっちゃ老け込んだ自分にハッとさせられるかもしれません。

ただし、まだまだ白髪染めに最初は抵抗があるもの。
そこで、白髪染めの始める時期や年齢って他の方はいつから始めているのか気になりますよね。

ここでは白髪染めを始める時期や年齢、どんな方法から始めるのか、頭皮を傷めることなく自分で手軽に白髪を染めることのできるトレンドのおすすめ白髪染めトリートメントまでご紹介していきます。

白髪が生え始める年齢の平均はいつ!?

白髪は、毛髪を作る毛根細胞から色素をつける機能(メラノサイト)が失われたことから本格的な白髪が発生します。

白髪の生える時期
いつから白髪が生え始めるのかは個人差が大きいですが、平均すると白髪が生える年齢は男女ともに30代で、34~35歳くらいと答える人が多くなっています。

画像引用元:花王「みんなの意識調査」より

30代に入ると本格的に老化の白髪が見え始める時期で、気になって抜いたり間違った処理をしたりしていると一気に白髪が増えるので注意が必要です。

また若白髪というのは、年齢的なものではなく、一時的な栄養不足や血行不良、生活習慣の乱れなどが原因で加齢による白髪とは原因が異なります。

白髪染めを始める時期・年齢の目安

白髪染めは、数本でも見つけたら使い始める人もいますが、平均すると全体の髪の毛の割合から10%~20%くらいに白髪が増えると、白髪染めを始めるという統計があります。

10%~20%って、かなりの割合だと思うのですが、あくまでも統計上のデータです。例えば、こめかみや前髪など目立つ部分に白髪が集中していたりすると、10%以下でも白髪染めしたくなります。

こちらも興味深いデータがあるので、ご紹介します。

生えぎわ・根元の白髪があると、実年齢より何歳くらい年上に見えると感じますか?

逢え際の老けた感
生えぎわや根元の白髪は気になるものですが、この部分に白髪があると、実際どのくらい老けて見えるのか質問すると、6割以上が「5歳」と回答しています。

画像引用元:花王「みんなの意識調査」より

見た目年齢で損をしないためにも、白髪染めは早いにこしたことはないことがわかります。

また、生え方により見え方も随分と変わります。
本数は多くても、全体的にまばらにある白髪の生え方なら、目立つものだけ切ったり、白髪染めではないカラーリングである程度カバーできます。

年齢としては、35歳~40歳くらいで白髪染めを使い始める人が多いようですが、実際には年齢というよりも「生えてくる場所」の目立ち方、見え方で気になるかどうかだと思います。

ご自身でこうして検索されてこの記事にたどり着いたということは…それがもう白髪染めをするタイミング!っということですね。

若白髪は気になったら染めるべき!?

若白髪といえども気になるなら白髪染めをするべきです。

私自身職場の人間関係のストレスから若白髪が多く生えている方でしたが、やはり精神衛生上よくない…。

  • なんとなく視線が気になる
  • 年相応に見られない
  • ヘアスタイルが決まらない

などがその理由です。

若白髪でも気になるなら染める!が結論です。

初めての白髪染め…どの方法がいい?オススメは?

白髪が気になりだした時に染める方法ですが、

  • 数が少ない場合は部分染め
  • 数が多い、まとまっている場合は全体染め

これを基準にどう白髪染めをしていくのか判断していきましょう。

頭皮を傷めない白髪染めトリートメントがオススメ!

白髪染めトリートメントは、従来の白髪染めのように髪や頭皮にダメージを与えないので、新たな白髪染めとして人気が広まっています。

しかも白髪染めアレルギーを起こさないものがほとんどなので、白髪染めの悩みをすべてクリアできる理想的な商品のように思いますが、完璧ではないのが少し残念なところです。

不満な点を挙げると…

  • 白髪が染まりにくい
  • 染まったとしても色持ちが良くない

このような不満を感じてしまう人も少なくないです。

それでも、まだ白髪の割合が少ない人が健康な黒髪を傷めてしまう白髪染めを使うのは、かなり抵抗を感じるのも事実。

35歳~50歳くらいまでは、まだ白髪の割合が20%以下という人が多いので、全体の白髪が気にならない年齢層には、白髪染めトリートメントが向いていると感じます。

市販の白髪染め、敏感肌は要注意!
酸化性染毛剤(2剤式等)は刺激が強いので、自宅での利用はお勧めできません。もちろん、肌の弱い方であれば年齢に問わず控えることが最善です。

白髪染めの前に生活習慣で老化を防ぐ努力も

白髪が気になりだしても、少しでも長く色艶のある黒髪でいたいのは人間だれしもが思うこと。
加齢には逆らうことはできませんが、努力しだいで遅らせることも可能です。

白髪を遅らせるには頭皮の状態を健康に保ち、健やかな髪が育つための栄養素を食事で摂り入れて新陳代謝や血流の流れをよくすることが大切です。

  1. 頭皮ケアを習慣化
  2. 頭皮のクレンジングを行う
  3. 食生活に気を遣う
  4. 適度な運動習慣

まずはどれか、自身で始めやすいことから実践し、習慣化する努力を行っていきましょう。

まとめ:白髪染めを始める時期と見分け方

白髪は、老化現象の一つですが、髪の老化は白髪の他にも色々と出てきます。

  • 髪が細くなる
  • 髪のボリュームが少なくなる
  • 髪がうねってまとまらない
  • つやがなくなる
  • 頭皮が透けて見えるようになった

年齢を重ねると、このような髪の悩みを感じ始める方が多くなります。

白髪染めを使い始める年齢になると、髪がダメージに弱くなることも同時に感じるのです。

従来の白髪染めを30代、40代から使い続けていると、女性でも薄毛に悩まされるケースも少なくないのです。

白髪が増えることだけではなく、色んな年齢による変化が髪や頭皮に出てきます。
これから白髪が減ることは期待できないとしたら、白髪染めによる髪へのダメージは極力少なくしたいと望んでいる方には、白髪染めトリートメントはピッタリなのではないでしょうか。

白髪染めトリートメントで白髪染めを行う目安

白髪が気になり始めたけど、みんなはどのくらい白髪が増えたら染めているの?と気になっている方は、全体の白髪の割合を目安にして考えてみてください。

数本でも、とても気になるところに白髪が生えてきたら、部分的にカバーする方法もあります。

白髪を染めるために、健康な髪や頭皮まで傷めることは避けた方が良いと思います。

白髪染めトリートメントなら、いつデビューしても健康な髪をキープできるので、白髪染めの方法に迷っている方にも安心です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

黒髪はどう染まる?白髪染めトリートメントのカラー程度を解説

黒髪はどう染まる?白髪染めトリートメントのカラー程度を解説

白髪染めトリートメントはなぜ染まらない!?原因と対策法まとめ

白髪染めトリートメントはなぜ染まらない!?原因と対策法まとめ

トリートメントで白髪染めしたら青や緑に変色!?原因と対処法まとめ

トリートメントで白髪染めしたら青や緑に変色!?原因と対処法まとめ

【保存版】色落ちしやすい白髪染めトリートメントの原因と対策まとめ

【保存版】色落ちしやすい白髪染めトリートメントの原因と対策まとめ

髪質で染まリ具合が変わる白髪染めトリートメントのお悩み解消法

髪質で染まリ具合が変わる白髪染めトリートメントのお悩み解消法

染まり方が段違い!白髪染めトリートメントの一手間かけた使い方まとめ

染まり方が段違い!白髪染めトリートメントの一手間かけた使い方まとめ