黒髪はどう染まる?白髪染めトリートメントのカラー程度を解説

黒髪はどう染まる?白髪染めトリートメントのカラー程度を解説

白髪染めを使い始める年齢は、平均すると40代が多いことは、とある大手メーカーの調査でもわかっています。

若白髪と呼ばれて、20代でも白髪がある人は、早ければ30代から白髪染めを始めることもあると思いますが、平均的には40代になるとまばらに生え始める白髪が気になり「そろそろ染めた方が良いかな?」と考え始めるようになります。

でも、一気に白髪になるわけじゃないし、40代なら黒髪の中に少し白髪があるくらいでしょう。
私自身もそうでしたが、ここでとある疑問が頭の中をよぎります。

疑問さん

疑問さん
白髪染めトリートメントを、完全に白髪の割合が多いわけではない黒髪多めの人が使うと、どのような染め上がりになるのだろう?

まだまだロングヘアやキレイな傷みのない美髪を楽しみたい…。

けど、気になる白髪は自宅で気軽に染めたい…この両方の望みを叶えてくれるベストな選択としてオススメできる白髪染めトリートメントですが、染まり方が気になる…。

ここではこういった白髪染めトリートメントの染まり方、とくに黒髪がどのように染まるかについて解説していきます。

黒髪の割合が多いほど白髪染めトリートメントがよい理由

白髪染めを使い始めるのは、その人それぞれのタイミングがあると思います。
ただ、たとえ数本でも黒髪の中に白髪が見つかると目立ちます。

数本なら根本から切ればOKというわけではありませんよね。
白髪はまた伸びてきますし、伸びてきてピンと立ち上がった白髪は余計に目立ちます。

ちらほら白髪
白髪は変な癖があり、ピンっと跳ねたり、ちらほら生えてきてるだけでも結構目立つのがわかります。

白髪染めトリートメントは、シャンプーの後のトリートメントと同じように使うだけで、徐々に白髪を染めていくもので、髪や頭皮を傷めることがありません。

白髪染めトリートメントの仕組み

黒髪の中に少しだけの白髪があるくらいなら、脱色剤を使って染めていくタイプの強い白髪染めを使って、健康な黒髪を傷めることはできることなら避けたいと思う方が多いので、白髪染めトリートメントの人気が広がっていると感じます。

完全に白髪の割合の方が多くなるまで、健康的な黒髪を守りたい方には、白髪染めトリートメントの方が安心できるのは間違いありません。

白髪染めトリートメントのカラーは基本暗め

白髪染めトリートメントには、明るいカラーは少ない傾向があります。

白髪染めトリートメントの基本色

商品によっては、ライトブラウンでかなり明るめを出していることもありますが、基本的にはブラック、ダークブラウンの2カラーの展開をしているものが多いです。

補足

その理由は、強い薬剤を使って染めるタイプではないので、白髪染めトリートメントはこれまでの白髪染めに比べると染まりにくいからです。

暗めの色の方が、白髪に色を付けやすくなります。
他の黒髪に近い状態にするためには、暗いカラーを使った方が良いからなのです。

白髪染めトリートメントで黒髪の色は変わるのか?

黒髪の中に、数本程度の白髪がある人が白髪染めトリートメントを使っても、黒髪はそのままの色で変わることはありません。

もともとの髪色が茶色っぽい人が、暗めのカラーの白髪染めトリートメントを使うと、元の髪色も暗くなってしまうほど強い染料ではありません。

逆のパターンも同じです。明るめのカラーの白髪染めトリートメントを元の髪色が黒髪の人は使っても、全体に明るい髪色になることはありません。

白髪染めトリートメントは、白髪をぼかす程度の染め上がりなので、色素がしっかり残っている髪の色を変えるようなことはできないのです。

白髪部分と黒髪部分の色の染まり方が微妙になるのはなぜ?

部分的な白髪の割合や白髪の出方の個人差によって、そう見える場合もあります。

白髪染めトリートメントは、一般的な白髪染めのように、脱色剤を使って黒髪も白髪も同じ色に染めるわけではありません。

完全に白髪を元の髪色と同じように染めようとすると、白髪染めトリートメントでは満足できない仕上がりになる可能性が高いです。

なので、部分的に白髪がかなり多くなっているような場合は、白髪の部分と黒髪の色の違いが目立ってしまうのはしょうがないところ。

白髪の割合だけじゃなく、白髪が全体にパラパラとある程度なのか、その人それぞれで仕上がりへの満足度には差があるでしょう。

まとめ

白髪染めトリートメントは、髪を傷めないというメリットと、染まりにくいというデメリットがあります。

染まりにくさがもっと改善されていくと、黒髪の方が少なくなっている状態でも、髪や頭皮にダメージを与えずに染めることもできると思いますが、今の段階ではそこまで完璧な白髪染めトリートメントはないといいきれます。

白髪をぼかして目立たなくする程度でも、ダメージゼロを求める人にはメリットの方が勝ると思います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

白髪染めトリートメントはロングヘアに不向き? コスパの良い上手な染め方はチェック必須!

白髪染めトリートメントはロングヘアに不向き?コスパの良い上手な染め方まとめ

【保存版】色落ちしやすい白髪染めトリートメントの原因と対策まとめ

【保存版】色落ちしやすい白髪染めトリートメントの原因と対策まとめ

必見!知っておきたい白髪染めトリートメントのメリットとデメリット

必見!知っておきたい白髪染めトリートメントのメリットとデメリット

白髪染めトリートメントはなぜ染まらない!?原因と対策法まとめ

白髪染めトリートメントはなぜ染まらない!?原因と対策法まとめ

白髪染めトリートメントでもかゆみが?

嘘っ!?白髪染めトリートメントでもかゆみが?原因と対策法まとめ

薄毛対策に!?男性こそ白髪染めにはカラートリートメントを使うべき

薄毛対策に!?男性こそ白髪染めにはカラートリートメントを使うべき