天然由来で髪に優しいラサーナヘアカラー(ムース)を実体験でレビュー!

【商品仮アイキャッチ対応】ラサーナ

商品詳細

内容量 80g
色の種類 ダークブラウン・ライトブラウン
通常価格 定価:3,024円(税込)
特別価格 初回お試し:2,570円(税込)※定期購入
一日のコスト ロング:約950円
セミロング:約670円
ショート:約400円
返金保証 なし
ph値 微アルカリ性(ph8)
注目成分 褐藻エキス、ウコン

ラサーナヘアカラー使用レポート

ヘアケアブランドとして有名なラサーナからは、いくつかのタイプの白髪染めが発売されています。

ダメージのまったくないトリートメントタイプのヘアカラーもあるのですが、ここではムースタイプの白髪染めについてレポートします。

ラサーナヘアカラーの使用感

ラサーナヘアカラーはヘアカラートリートメントとは違う点がいくつかあります。

そしてラサーナヘアカラームースは、一般的な白髪染めとは違い、脱色させて白髪染めしませんから、髪の毛や頭皮を傷めるリスクは少ないです。

使用レポートをそれぞれの項目に分けてご説明します。

テクスチャー

テクスチャーは、きめの細かいムースなので、髪の毛になじませやすく液だれしないので、後ろや襟足などに白髪染めを塗るのが苦手な人には使いやすいテクスチャーです。

泡がヘタりにくいので、ロングヘアの人でも使いやすいのではないでしょうか。

容器の使いやすさ

ラサーナヘアカラームースは、想像以上に小さな容器ですが、ムースがモコモコと広がるので、ショートヘアなら全体染めでも3回~7回くらい使えます。女性の手でも扱いやすい小さめな容器で、最後まできれいに使い切れます。

チューブタイプで最後が残ってイライラすることはありません。

ニオイや香り

ラサーナヘアカラームースには、一般的な白髪染めのように脱色剤を使っていませんが、酸化染料のジアミン系の染料が配合されているので、少しツンとくるニオイはします。

刺激臭というほど強いニオイではありませんが、薬剤のニオイに敏感な人には気になるかも知れません。

使用順序

ラサーナヘアカラームースは、乾いた髪に使います。手につくと落ちにくいので、手袋は必ず使います。一般的なヘアカラーアイテムは一通り使った方が良いです。

ジアミン系の染料を使っているので、パッチテストは必ず行いましょう。

ケープ、耳カバーなども準備した方が安心です。ムースを乾いた髪になじませて、キャップで包んで15分~30分程度おき、その後はぬるま湯ですすぎ、シャンプーをします。

ラサーナの染まり具合

ラサーナヘアカラームースは、脱色剤が使われていないので、黒髪と白髪の色が均一になるわけではないですが、さすがにジアミン系の染料を使っているだけに、白髪の染まり具合はバッチリです。

トリートメントタイプの白髪染めで、なかなか染まらないことに慣れている時に使ったので、あまりにもしっかり白髪が染まることに驚きました。

ラサーナの色持ち

トリートメントタイプの白髪染めは、一回でしっかり染まることもないし、シャンプーするたびに色落ちするので、不満を感じる点もありますが、ラサーナヘアカラームースは、簡単には色落ちしません。

染めた後の2回くらいは、シャンプーすると色付きの泡が出ますが、1週間しても染めた後の状態は維持できました。

3週間くらいすると、白髪が少し浮いて目立ち始めるので、1週間に2回ほど使わないと白髪がカバーできないトリートメントタイプとはかなり違いを感じます。

髪へのダメージについて

ダメージが全くない白髪染めとは違うラサーナヘアカラームースは、ある程度のダメージは覚悟して使わないといけません。

過酸化水素による脱色をしないので、ヒリヒリすることはないので、ダメージは一般的な市販の白髪染めの半分以下だと思います。

でも、染めた後にシャンプーをすると、キシキシする感じはあるので、やっぱりジアミン系の酸化染料のダメージはあります。

髪を補修する成分はたっぷり配合されていますが、ラサーナヘアカラーを使った後の数日間は、集中的にトリートメントをしてダメージケアをしないと、徐々にダメージが蓄積していくように感じました。

過酸化水素を配合しているヘアカラーを使った後は、シャンプー後に指が通らないほどキシキシになってしまうので、それに比べたらダメージは確かに少ないのは間違いないですが、使い続けると確実にダメージが蓄積してしまうでしょう。

ですから、頻繁に染めるのは、ちょっと髪が心配になりましたね。

ラサーナヘアカラーレポートのまとめ

ラサーナヘアカラームースを試してみて、注意したいことやおすすめポイントをまとめます。

オススメできないタイプはこんな人!!

ラサーナヘアカラームースは、ジアミン系の染料を使ってるので、アレルギーのリスクはあります。ダメージが少ないからアレルギーが起こらないわけじゃないので、今までヘアカラーをして軽度でもアレルギーを起こしたことがある人は、絶対に使用しないようにしましょう。

今までヘアカラーでアレルギーを起こしたことがない人でも、その都度のパッチテストをめんどくさがって省いてしまう人は、危険です。

トリートメントタイプの白髪染めでは染め上がりや色持ちにどうしても不満のある人は、ダメージを最小限で染められるので良いと思いますが、何度も使い続けるうちにアレルギーが出る恐れもあるし、ジアミン系の物質は頭皮へのダメージも心配です。

アレルギー体質の人、肌が弱い人にはおすすめしません。

試してみる前に注意すること

ラサーナヘアカラームースは、ある程度のリスクを理解した上で使うのなら、染めやすいし、傷みにくい白髪染めです。

どうしてもしっかり白髪染めをしたい時には便利だと思いますが、普段からトリートメントタイプの白髪染めを使っている人は、最低でも1週間ほど間隔を空けてからラサーナヘアカラームースを使うようにしましょう。

染料の化学変化で髪の毛の色が変色するのを防ぐためです。それから、何度もしつこいようですが、ジアミン系の染料を使っているので、毎回必ずパッチテストを行って、アレルギーが起こらないことを確認してからにしましょう。

驚くほどきれいに染まるので、心は揺らぎますが、トリートメントタイプの白髪染めのように染めるたびに髪の毛が艶々になり、健康な美髪になることはないので、ラサーナヘアカラームースをメインにするのはやめようと思ったのが正直な感想です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【商品仮アイキャッチ対応】キラリ

泡(ムース)タイプで素早くムラなく染まるキラリヘアカラーを実体験レポート!

【商品仮アイキャッチ対応】レフィーネ

白髪染めなのに快感!?レフィーネヘッドスパトリートメントを実体験レポート

【商品仮アイキャッチ対応】LPLP(ルプルプ)

美容成分94%配合で髪と頭皮に優しくダメージ0!LPLP(ルプルプ)

【商品仮アイキャッチ対応】利尻昆布

白髪染めの新常識!利尻ヘアカラートリートメントを実体験レポート!

【商品仮アイキャッチ対応】スカルプD

オイルカラーで弾力Up!頭皮専門ドクター監修のスカルプD ボーテ