白髪染めの新常識!利尻ヘアカラートリートメントを実体験レポート!

【商品仮アイキャッチ対応】利尻昆布

商品詳細

内容量 200g
色の種類 ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラック
通常価格 定価:3,240円(税込)
特別価格 初回お試し:2,160円(税込)+送料540円(税込)
一回のコスト ロング:約800円
セミロング:約650円
ショート:約350円
返金保証 なし
ph値 中性(ph7)/td>
注目成分 利尻昆布

利尻ヘアカラーの使用レポート

ブランド昆布として有名な利尻昆布から抽出された栄養成分をたっぷり配合している白髪用トリートメントカラー。

利尻ヘアカラートリートメントは、このジャンルの製品ではトップシェアを占めてきました。

試してみてわかった、利尻ヘアカラートリートメントの感想をご紹介します。

利尻ヘアカラーの使いやすさ(使用感)

利尻ヘアカラーのレギュラータイプは、トリートメントのように使える白髪染めです。詳しい使用感を解説しますね。

テクスチャー

利尻ヘアカラートリートメントは、程よい硬さのあるクリームタイプです。手の平に乗せて傾けても、簡単に液だれするような柔らかさじゃないので、お風呂の外で使う時でも、汚しにくいと思います。

ですから、乾いた状態で髪全体になじませる時には、コームやブラシを使わないと、まんべんなくなじませられないと思います。

濡れた状態に使うのには、程よいテクスチャーだと感じます。

容器の使いやすさ

利尻ヘアカラーの容器は、チューブではなくボトルタイプです。
安定感のあるボトルですから、中身の残量が少なくなってきたら、逆さまにして置いておいても倒れません。

ただ、柔らかくない中身は、どうしても最後は使いにくくて、何度もフタを閉じてトントンと出口付近に集めないと、最後まできれいに使い切れません。

無理に押し出すと、周りに飛び散ってしまいます。お風呂で使って飛び散ってしまったらすぐにシャワーで洗い流せばいいですが、衣類などにつくと厄介なので、飛び散りにはくれぐれも注意しないといけません。

ニオイや香り

利尻ヘアカラートリートメントには、白髪染め特有のツンとしたニオイはありません。ツンとしたニオイがない代わりに、何か良い香りがするのかしら?と思ったら、ニオイは微妙です。

ヘアケア製品によくありがちな、強い香料を使っていないので、自然成分の香りだけです。ハーブの香りというよりも、薬草っぽいニオイに感じました。

クサいニオイではありませんが、髪からフワッと香る魅力的なアロマではありませんので、香りは期待しない方が良いでしょうね。

使用順序

トリートメントタイプの白髪染めの多くが、乾いた髪にもシャンプー後の濡れた髪にも使えるように、利尻ヘアカラーも同じくどちらでも使えます。

染まりにくい髪質の人は、乾いた状態でたっぷり塗って、30分以上置いて染めると一回目からでもまあまあ染まります。

濡れた髪に使う場合は10分程度の置き時間ですすぎますから、忙しい時にはシャンプー後の方が便利です。

手袋は使わなくても大丈夫ですが、爪に色が残りやすいので、気になるなら手袋は使った方がいいと思います。

染まり具合(浸透力)

白髪の染まり具合に関しては、ほどほどに良いと思いました。一般的には、白髪染めトリートメントは何度か使い続けて、髪の内部にまで染料を浸透させるのですが、利尻ヘアカラーはマニュキュアタイプです。

表面をコーティングする白髪用ヘアマニュキュアなので、一度目でも比較的色が付きやすいです。

ただ、頭皮につけないように注意しないといけないヘアマニュキュアとは違い、頭皮についても問題ありません。

付着する力が、それほど強くないから、頭皮についてもすぐに落ちるのだと思います。

色持ち(持続力)

色持ちは、3日は持ちませんでした。最初は連続して染めないと色が定着しませんが、定着してから3日間染めないで普通にシャンプーをしたら、ほとんど白髪状態に戻ってしまいました。

アミノ酸系の洗浄力が強すぎないシャンプーでも色落ちしやすいので、普通に洗浄力が強いシャンプーなら、かなり落ちてしまうでしょうね。

利尻ヘアカラーを使う場合は、シャンプーも同じブランドのものを使うようにしたり、色持ちを良くするためには少し工夫が必要です。

ダメージケア(髪への優しさ)

利尻ヘアカラートリートメントというだけに、利尻昆布に含まれる海藻成分がたっぷり入っています。海藻に含まれるネバネバ成分のフコイダンは、強力な保湿力なので、少々のダメージがあっても、しっとりとまとまります。

サラサラとした感じが好みの人には、少ししっとりし過ぎるくらいに感じるほど、保湿力があります。

キューティクルが傷んでいてパサパサしやすい時に使うと、ダメージケアの効果はハッキリ実感できました。

まとめ

利尻ヘアカラーを使ってみて、賛否両論の口コミがあることが理解できたことが色々ありました。

使用レポートのまとめです。

こんな人にオススメ!

利尻ヘアカラーは、髪が欲しくて傷みやすく、乾燥しやすい髪質の人には向いているでしょう。マニュキュアタイプでコーティングするので、傷んでいるところを補修しながら白髪をカバーできます。

色落ちしやすいので、毎日とは言いませんが、一日おきとかこまめに使える人におすすめです。

ジアミンは使っていないし、コーティングする成分にシリコンを使用していないので、頭皮が弱い人や、アレルギーが心配な方でも安心して使えるでしょう。

こんな人には向かない!

利尻ヘアカラーは、マニュキュアタイプの白髪染めなので、長く使えば使うほど、コーティングする効果が高くなります。

しかし、そのコーティングによってパーマがかからなくなったり、パーマ液やカラーリング剤の成分と化学反応を起こして、髪が緑色になってしまうことがあります。

美容室でも染める機会がある人や、パーマをかける可能性がある場合は、念のために美容師さんに相談してから使うようにした方が良いと思います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【商品仮アイキャッチ対応】ラサーナ

天然由来で髪に優しいラサーナヘアカラー(ムース)を実体験でレビュー!

【商品仮アイキャッチ対応】スカルプD

オイルカラーで弾力Up!頭皮専門ドクター監修のスカルプD ボーテ

【商品仮アイキャッチ対応】キラリ

泡(ムース)タイプで素早くムラなく染まるキラリヘアカラーを実体験レポート!

【商品仮アイキャッチ対応】レフィーネ

白髪染めなのに快感!?レフィーネヘッドスパトリートメントを実体験レポート

【商品仮アイキャッチ対応】LPLP(ルプルプ)

美容成分94%配合で髪と頭皮に優しくダメージ0!LPLP(ルプルプ)