アレルギー・ジアミン

かゆみやかぶれも重症化の予兆?白髪染めアレルギーの原因と対策まとめ

更新日:

かゆみやかぶれも重症化の予兆?白髪染めアレルギーの原因と対策まとめ
白髪染めやおしゃれ染めなど、髪色を簡単に変えることができるヘアカラーですが、ドラッグストラなどの市販のヘアカラーを使用してかぶれや痒みなど感じたことありませんか!?

髪を染めるのに美容院で染めてもらう人もいれば、市販のヘアカラーを用いて自宅で染める人もいますが、どちらの場合も皮膚アレルギー試験(パッチテスト)は必要です。

ヘアカラーや白髪染めは今まで問題なく使用をしていても、突然かぶれの症状が出る事があり、軽度の症状でも放っておくと突然重病化する恐れもあるアレルギー症状の物質が含まれているのです

また、そうした染料剤を使用していない白髪染めトリートメントや植物性のヘナは、今まで頭皮アレルギーを起こしたことがある人でも安心して使える白髪染めとして使われています。

しかし、白髪染めトリートメントなら絶対にアレルギーを起こさないと保証されているわけではないので、こちらもまた油断はできません。
もともと肌が弱い人や、頭皮にトラブルを起こしやすい人は気になりますね。

ここでは、白髪染めによる頭皮などのかぶれやかゆみを始めとしたアレルギーの原因と対策法、白髪染めトリートメントや美容室でのヘアカラーによる白髪染めなどが抱えるアレルギーリスクについてご紹介しています。

とっても危険!白髪染めのアレルギー症状と原因

ドラッグストアなどで市販されている白髪染めには、使用する前の注意点として、必ずパッチテストを行うことが明記されています。

パッチテストをしないでいきなり白髪染めを使って頭皮アレルギーを起こしてしまうと大変なので絶対的に必要なこと。
ですが、きちんとパッチテストをする人って、大きな声では言えませんが、限りなく少数派ではないでしょうか。

どうでしょう?心当たりはありませんか?

白髪染めに含まれる成分の中に、酸化染料のジアミン系物質が含まれているものは、アレルギーを起こしやすいので注意しないといけません。

代表的なジアミン系物質

  • パラフェニレンジアミン
  • フェニレンジアミン

などがあります。

白髪染めで頭皮アレルギーを起こした場合、ほとんどのケースはこのジアミン系によるアレルギー反応なので、初めて使用する白髪染めにジアミン系物質が入っていたら、必ずパッチテストをするようにしましょう。

恐い!重病な症状を引き起こす白髪染めのアレルギー症状

白髪染めに含まれるジアミン系物質が引き起こす主なアレルギーの症状としては、

  • 頭皮がかゆい
  • 頭皮が腫れたり、ブツブツができる
  • 髪の生え際や額に湿疹ができる
  • 頭皮や顔、耳、首すじなどが赤くなる
  • まぶたや顔が腫れる

などが、”突然”現れることがあります。

また、アレルギーにも速攻型と遅延型があり、遅延型の場合は白髪染め直後には現れずに多少の時間(1~2日間)をおいてから現れることも多いのです。

いずれの症状も残念ながら個人によって現れ方が異なります。
したがって、今のところ自分は大丈夫だったとしても、いつアレルギーが起こるかわからないので、違和感を感じた場合には注意を払っておきましょう。

関連記事
アレルギーの恐怖が! ジアミンの症状と対策方法まとめ
白髪染めはアレルギーの危険が!?ジアミンの症状と対策方法まとめ

白髪染めやヘアカラーで違和感を少しでも違和感を感じたらアレルギー発症の危険性も!?最悪の自体を避けるためにも必要な知識を備えましょう。ジアミンの恐ろしい症状と対策方法をまとめてご紹介しています。

突然現れる白髪染めアレルギーによる”かぶれ”

こうした白髪染めなどのヘアカラーによる皮膚トラブルは年々増え続けています。

それも突然起こるケースも珍しいものではなく、軽い痒みだから大丈夫♪だと軽視している人も実はヘアカラーによるアレルギーかもしれません。

「ちょっとかゆいだけ」が一番危険!

花粉症などのアレルギー症状と同じく、ある日突然発症してきます。
今まで何度もヘアカラーを使用したことがあり、沁みたり、かゆみを感じたことなど一度もないとしても安心はできません。

一度でもアレルギー反応が出てしまうと、以降ずっとアレルギーは続くと言われています。
使うたびに症状がひどくなるケースもあるため、アレルギー反応が出た人はすぐに白髪染めなどのヘアカラーの類の使用をやめなければなりません。

「かぶれる」というほどではない軽いかゆみ程度の症状でも、それが染めるたびに起きてくるならアレルギー反応の可能性があります。

ちょっとかゆいだけだからと使い続けていると、突然重いアレルギー症状が現れることもあります。

関連記事
白髪はなぜかゆい!?その原因と正しい3つの予防対策まとめ
白髪はなぜかゆい!?その原因と正しい3つの予防対策まとめ

気になりだす白髪と同時にかゆみも襲ってきた...。これは白髪が生えてくる原因と関連性があります。その原因から導かれた正しい白髪のかゆみ対策から増え続ける白髪の予防対策方法などをご紹介しています。

少しでも白髪染めでアレルギーの疑いがある場合

こうした突然重病化してしまうアレルギー症状は軽度の段階(かぶれや腫れ)が見られた段階ですぐに皮膚科を受診することをオススメします。

副腎皮質ステロイド剤の外用、抗アレルギー剤の内服治療等、症状に合わせたお薬を出してもらえば、症状は次第におさまります。

アレルギーリスクがない白髪染めならトリートメントタイプを

パッチテストでアレルギー反応が出た場合、または、実際に髪を染めてかぶれてしまった場合、ヘアカラーの使用は今後絶対にNG!です。

おしゃれ染めであれば特段問題なしでしょうが、頭を悩ますのが白髪染めを考えている方でしょう。

では、ジアミン系酸化染料にアレルギーがある人が白髪を染めるには、どうすればよいのでしょうか。

白髪染めカラートリートメントはリスクゼロ?

白髪染めトリートメントは、一般的な白髪染めのようにジアミン系物質を使っているものはなく、頭皮についてもアレルギーの心配がないものです。

ただ、アレルギーというのは何に反応するのか予測できません。
植物由来の自然な染料を使い、天然由来の美容成分などで作られている白髪染めトリートメントでも、その中に含まれる成分にアレルギー反応を起こしてしまう可能性は、絶対にないとは言い切れません。

ただ、ジアミン系物質のようにアレルギーリスクが高いものではないので、頭皮アレルギーを起こすことがあれば、ごく稀なケースだと思います。

嘘っ!?白髪染めトリートメントでもかゆみが?原因と対策法まとめ

対策白髪染めトリートメントを使えば最悪の事態も防げる

白髪染めトリートメントは、髪や頭皮にダメージもないし、アレルギーを起こす危険もないので人気があるのですが、染まりにくかったり、色持ちしないことで使うのをやめてしまう人も少なくないです。

市販の白髪染めの方が一度で染まるし、色落ちもしないし、価格も安いので、多少の頭皮のかゆみくらいならガマンして使い続けてしまう人がいるのです。

しかし、ジアミン系物質によるアレルギーは、重症化すると頭皮だけじゃなく顔までかゆくなって腫れてしまったり、稀にアナフィラキシーショックを起こして呼吸困難になることもあるのです。

どうしても白髪染めトリートメントでは満足できなくて、しっかり染まる白髪染めを使いたいのなら、ジアミン系不使用のヘアカラーを探してみましょう。

重要美容室の白髪染めでも油断は禁物!

白髪染めトリートメントは思うように染まらないし、市販の白髪染めでは頭皮がヒリヒリしてアレルギーを起こしてしまったら、あとは美容室でプロに任せするしかありませんよね。

でも気を付けてください。
美容室で使用している白髪染めにも、ジアミン系の成分を使っていることがあります。

美容室で初めて白髪染めをする場合は、今まで白髪染めでアレルギーを起こしたことがあることを伝えるようにしましょう。

白髪染めをする前に、アレルギーについて確認してくれるサロンなら安心です。

まとめ

ヘアカラーによるかぶれの多くはジアミン系の薬剤によるアレルギー反応によるものです。
ただ、中には、薬剤の刺激そのものが原因の「刺激性接触皮膚炎」の人もいます。

刺激性接触皮膚炎とは?

刺激性接触皮膚炎とは刺激性のある物質に触れることで起こる皮膚炎です。

原因となる物質に触れたあと、接触した部位に一致して発赤やヒリヒリした痛み、かゆみを生じます。
多くは、あまり時間をおかずに発症しますが、接触した物質の毒性が強いほど症状もひどくなり、ときには熱傷(ねっしょう)のように大きな水疱が出来ることもあります。

女性の場合は生理中など肌が敏感なときにカラーリングすると、かぶれが起きやすいですし、頭皮の乾燥、肌荒れ具合によっても、状況は変わってきます。

昨今の女性に支持されている安全な白髪染めトリートメント。
白髪染めトリートメントを愛用している方の理由として、髪を傷めたくないというのが一番ですが、白髪染めによる頭皮アレルギーの心配がないというもの安心感があり頼れる部分も大きいでしょう。

アレルギー反応が出なくても、ジアミン系薬剤は体によくないという話もあります。
加齢とともに向き合わざるを得ない白髪。
何より白髪染めは安心して使えることが何より大切なことだと私自身とても感じています。

 

 

CTA

加齢にともないどうしても避けることができない女性の大敵「白髪」
男性とは違い女性にとっては老け感を一気に増してしまうので、ちらっと見え始めたらすぐにでも染めたいところ…。

ただ、白髪染めは厄介な問題も多々あります。

 

白髪染めに関する主な悩み

  • 美容院で染めるのに何回も通うのが面倒くさい…経済的にも馬鹿にならない。
  • 市販のヘアカラーは髪を痛めてしまう恐れが…。
  • アレルギーなどの心配があるから正直こわい…。
  • 年齢を重ねてもキレイな艶のある長髪を楽しみたい…

美容師で勤務していたときから、そうした悩みが絶えない女性をたくさんみてきましたが、本当に白髪の悩みは深刻なもの。
また、肌ツヤよりも髪ツヤのほうが若々しい印象を創るのに重要であることも最近の研究では明らかになっています。

しかし、そんな白髪に悩める女性の救世主としてSNSや雑誌・メディアで爆発的な話題をふりまいているのがカラートリートメントタイプの白髪染めです。

いつもあたりまえのように行うトリートメントで白髪染めができる超お手軽さと、徐々にキレイに染まりあげていく浸透性の高さ、さらにどんなに長い髪でも使っていくうちにいつも以上のハリとツヤのある美髪へ導いてくれます。

ヘアカラーのような劇薬不使用でアレルギーなどの心配は皆無。
髪はもちろん、頭皮環境までも健全に保ってくれますよ!

美のプロフェッショナル集団であるBeautyCc編集部が「プロの知識」×「素人の好奇心」をモットーにさまざまな白髪染めタイプのカラートリートメントの最新情報や体験レポート、白髪に関する悩みを解決するためのコンテンツを体当たりで発信しています!

今すぐランキングへGo!

  • この記事を書いた人
BeautyCc編集部

BeautyCc編集部

大手化粧品メーカーの美容部員やカウンセラー、美容師やエステティシャンなど美容業界でバリバリ活躍していた女性たちが「子育て」と「好きな仕事」の両立を在宅ワークで実現するために発足したBeautyCc。 「プロの知識」×「素人の好奇心」をモットーにさまざまな美容アイテムの最新情報や女性の悩みを解決するためのコンテンツを体当たりで発信しています!

-アレルギー・ジアミン
-, , , , ,

Copyright© もう傷まない失敗しない!白髪染めトリートメントおすすめランキング , 2018 All Rights Reserved.