白髪染めトリートメントの基礎知識

白髪染めトリートメントでブリーチ後のダメージケアは可能!?色はどうなる?

投稿日:

白髪染めブリーチのケア

白髪染めトリートメントには、髪の毛の表面をコーティングしながら白髪をぼかす効果があります。

ということはそのコーティング効果を使えば、ブリーチ後のバリバリのダメージヘアもつるっとした指通りにできるのではないか?と考える人がいても不思議なことじゃないです。

喜ぶ黒髪君
「その使い方もあったのか!」とヒントになる方もいるんじゃないかな!

ブリーと後の髪の扱いに困っている方に向けて、ここでは白髪染めトリートメントのヘアケア効果についてご説明します。

ブリーチ後に髪が傷む理由

ブリーチというのは色素を抜く脱色のことです。

白髪は髪の毛に色素が着かなくなってそのまま生えてくるものですから、髪の毛の色は色素がなければ白髪なのです。

ブリーチの仕組み
ブリーチはアルカリ剤と過酸化水素が混ざり合うことで、黒髪の色素である「メラニン」を分解する反応です。ちなみに、白髪の場合はもともとメラニンが存在しないので脱色されることはありません。

ブリーチは、人工的に髪の毛の色素を抜いていくもので、何度もブリーチすれば白髪のような状態となります。

傷んだ黒髪君
毛髪のたんぱく質を壊して色素を抜くので、ブリーチを何度か繰り返すとひどいダメージを負ってしまうよ...。

金髪とか、白髪などに限りなく近い色にしようとするならば、ブリーチ剤で長い時間かけて色素を抜くので、ものすごくダメージが残ってしまうのです。

ただ、ブリーチは金髪に近い明るい髪色にするためだけだと思われている方もいますがそうではありません。

茶色っぽい髪色にしたり、白髪染めでもブリーチ剤は使われているんです。

見た目に金髪になっていなければ、ブリーチしていないように思ってしまいますが、ブリーチ剤を使って髪の色素を抜いてから染めているので、一般的な2剤式のヘアカラーをした後は、ブリーチ後とそれほど変わりはないのです。

喜ぶ黒髪君
何度も2剤式の白髪染めやおしゃれ染めを使っていれば、脱色剤の影響がジワジワと蓄積していくので、バリバリの手触りになってしまうの必然なのを理解しておこう!

ブリーチ後の髪の色を変える方法

年齢を重ねてくると、黒髪よりも白髪の割合が多くなり、白髪染めするか、それともそのままの状態で白髪が増えるのを待つのか・・と迷っている方がいます。

白髪を目立たなくさせるために、逆に黒っぽく白髪染めをするよりも、ブリーチをして金髪っぽくしている人も増えてきました。

所ジョージさんとかそうですよね。

それはそれで、おしゃれでカッコいいと思うのですが、ブリーチをすると髪が傷むので、ずっとブリーチを続けるのは勇気がいることです。

とくに女性の場合はそう思う方も少なく無いでしょう。

だからといって、黒戻しのようなヘアカラーを使うのは極端なので、そんな時にはヘアマニュキュアのような表面だけに色をつけるものが便利です。

堀川雅子
しかし、ヘアマニュキュアは頭皮に色が付いてしまうと簡単に落ちないので、自分では難しいものです。

全体をきれいにヘアマニュキュアで染めるのは、相当高度なテクニックが必要になるでしょう。

そこで頭皮についても安心で、しかも髪の表面のダメージをコーティングする白髪染めトリートメントが活躍します。

人工的に白髪に近い状態にしたブリーチヘアは、白髪に徐々に色を付着させていく白髪染めトリートメントを使っても問題はありません。

 

関連記事
おしゃれ染めで白髪は染まる!?白髪染めとの違いやベストな選択方法まとめ
おしゃれ染めで白髪は染まる!?白髪染めとの違いやベストな選択方法まとめ

チラホラ気になりだす加齢による白髪。かといって白髪染めは抵抗あるし今まで通りのおしゃれ染めで白髪も明るく染めたい!でも、白髪染めとおしゃれ染めは全く違うもの。ここではおしゃれ染めと白髪染めとの違いやベストな染め方の選択方法までご紹介しています。

ブリーチ後に白髪染めトリートメントを使う2つのメリット

ブリーチ後のトリートメント

ブローチしている髪に白髪染めトリートメントを使って染めた場合、2つのメリットがあります。

おしゃれ染めのような変化のある染め上がり

ブリーチで金髪にしている状態で白髪染めトリートメントを使うと、ボヤっとした茶色っぽい髪色となります。

どんな色になるのか、そのニュアンスは個人差がありますが、伸びてくる根元の髪色との差をぼかすような効果がある程度は期待できるでしょう。

喜ぶ黒髪君
逆に、黒髪が多い状態で白髪染めトリートメントを使うよりも、全体にブリーチで色を抜いているので黒髪との差がなくてきれいに色が着く可能性が高いんだ!

すぐに黒髪に近いような色に染まることはありませんが、ぼんやりと茶髪になってきます。

髪色の変化を楽しめるので、おしゃれな染め上がりが期待できます。

髪を補修するヘアケア効果

思い切って髪の色を明るくしてみたのはいいけど、ブリーチ剤による髪のダメージで、シャンプーのたびにキシキシになり、ダメージがひどくて困っているのなら、白髪染めトリートメントのコーティング効果はよいと思います。

白髪染めトリートメントは、何度も使って徐々に髪の表面をコーティングしながら染めるので、ひどいダメージもケアしながら染めることが可能に。

普通にダメージヘアのために使うヘアトリートメントやヘアパックなどの効果は、髪の毛に栄養を与えることがメインです。

傷んだ黒髪君
ブリーチをしてしまった後は、栄養を与えてもあまり意味がないんだ..。

ブリーチしてダメージを負った髪は、どれだけ栄養を与えても元には戻らないので、それよりも表面をコーティングしてカバーするしかありません。

ブリーチ後のヘアケアをしながら徐々に髪の色を変えられるのは、白髪染めトリートメントのメリットではないでしょうか。

 

関連記事
必見!知っておきたい白髪染めトリートメントのメリットとデメリット
必見!知っておきたい白髪染めトリートメントのメリットとデメリット

髪を傷めず失敗もしないと話題の白髪染めトリートメントですが、当然メリットだけでなくデメリットもあります。ここでは従来の白髪染めと比較して白髪染めトリートメントの最低限しっておきたい事実をご紹介しています。

まとめ

ブリーチには髪の毛へのダメージが大きいことをきちんと理解しておかないと、髪の毛が傷んでしまって後悔してしまうかも知れません。

十分に理解した上で、髪色の楽しみ方の一つとして、白髪染めトリートメントを活用してみるのもよいのではないでしょうか。

  • この記事を書いた人
BeautyCc編集部

BeautyCc編集部

大手化粧品メーカーの美容部員やカウンセラー、美容師やエステティシャンなど美容業界でバリバリ活躍していた女性たちが「子育て」と「好きな仕事」の両立を在宅ワークで実現するために発足したBeautyCc。 「プロの知識」×「素人の好奇心」をモットーにさまざまな美容アイテムの最新情報や女性の悩みを解決するためのコンテンツを体当たりで発信しています!

-白髪染めトリートメントの基礎知識
-, , ,

Copyright© もう傷まない失敗しない!白髪染めトリートメントおすすめランキング , 2018 All Rights Reserved.