白髪染めの基礎知識

白髪染めはアレルギーの危険が!?ジアミンの症状と対策方法まとめ

更新日:

アレルギーの恐怖が! ジアミンの症状と対策方法まとめ

ドラッグストアなどで簡単に買える市販の白髪染めによる皮膚障害を起こす事例が増えていて、消費者庁では注意を促しています。

消費者庁による注意喚起
  • 酸化染毛剤はヘアカラーリング剤の中でもアレルギーを引き起こしやすい
  • アレルギーの場合、再度の使用により症状が重くなることも
  • 異常を感じたら、使用を止め、医療機関の受診を!

引用元:消費者庁「毛染めによるアレルギーに御注意!」記事より抜粋

市販の白髪染めやファッションカラー(おしゃれ染め)には、ジアミンという酸化染料が含まれていることが多く、その成分によって皮膚障害が起こるかも知れないのは今では広く知られています。

そんなに危険なものがホントに市販の白髪染めなどには普通に配合されているのでしょうかとても気になりますよね。

「私はお肌が強い方だから大丈夫!」
「今までおしゃれ染めやヘアカラーをしてきたけど全然問題なし!」

という方もジアミンの恐怖は突然襲ってくる可能性があります。

最悪のケースを回避できるように、ジアミンアレルギーの症状や治療法をしっかりと学んでおきましょう。

市販の白髪染めに含まれるジアミンの危険性

市販の白髪染め、カラーリング剤に限らず、美容室などで使用されるヘアカラー剤にはジアミン系の成分が含まれることが多いです。

パラフェニレンジアミン(PPD)という成分が使われていることが多いですが、○○○アミンなど、成分名の一部が違うものもあるので、知識がないと確認するのが難しいこともあります。

このジアミン系の成分は酸化染毛料といわれるもので、酸化させることで髪の毛に色を付けていきます。

永久染毛剤の染まる仕組み

危険なのは、強いアレルギー症状を起こす可能性があることです。

酸化染毛料をもっと詳しく

酸化染毛剤は、染毛成分が毛髪の内部深くまで浸透することによって染めるため、染毛料など他のヘアカラーリング剤に比べると色落ちが少なく長期間効果が持続します。

また、毛髪に含まれるメラニン色素を分解(脱色)しながら髪を染めるため、染毛成分の違いにより明るい色にも、暗い色にも染めることができます。

これらの特徴から、酸化染毛剤は、ヘアカラーリング剤の中で最も広く使用されています。

酸化染毛剤には主成分として酸化染料が含まれます。

酸化染料は、毛髪の内部で過酸化水素水等の酸化剤によって酸化されることで発色し、色が定着する仕組みです。

酸化染料の役割を果たす代表的な物質のパラフェニレンジアミン、メタアミノフェノール、パラアミノフェノール、トルエン-2,5-ジアミン等は、アレルギー性接触皮膚炎を引き起こしやすい物質です。

ジアミンによる急性ショック症状の恐ろしさ

アナフィラキシーの症状

  • 激しい呼吸困難症状
  • 顔・口唇・喉粘膜・喉の激しい痛
  • 咳、食欲不振を訴え
  • 舌・喉・首のむくみによる呼吸困難(アナフィラキシー様の状態)

さらには目に入ったり、眉毛やまつげに使用した時に、目が焼け付くような感じ、まぶたの腫れ、結膜の充血、悪くすると失明も報告されています。

長期に使用した場合の慢性の影響として、白内障の報告もあります。

その他症状
  • 接触性皮膚炎
  • 結膜炎
  • 気管支喘息
  • 腎臓障害
  • 貧血
  • 発ガン性
  • 頭皮や顔のただれ
  • ショック症状
  • 強いアレルギー反応

間違って飲んだり、なめたり、皮膚から体内に吸収されてしまうと、貧血(血液細胞が生産されなくなる再生不良性貧血を起こすとの報告がある)、腎臓障害、横紋筋融解(全身の骨格筋細胞が壊れてしまう)などの重篤な病気を起こさせます。

もちろん、アレルギー症状はすべての人に起こるわけじゃありませんから、必ずしも危険を煽るのはどうかと思いますが。

しかし、ジアミン系の怖いところは、使い続けるうちにアレルギー症状を起こす危険があることです。

はじめて市販の白髪染めやヘアカラーを使った時は大丈夫でも、二回目三回目と使い続けているうちに、アレルギーを発症することがあるのです。

プロも気を遣うジアミン系の危険

ジアミンによるアレルギーは、皮膚に直接つくことで発生するものなので、何度目でも髪を染める前にパッチテストを必ず行えば、ジアミンによるアレルギーは避けられると考えられている方も多いでしょう。

しかし、ジアミンは気化して呼吸器や粘膜にアレルギー症状を起こすこともあるので、パッチテストだけでは防ぎ切れないのが危険な点です。

美容師がヘアカラーをする時に手袋を装着する理由は、もちろん手に染料がついて変色するのを防ぐためでもありますが、ジアミン系をはじめとする有害な物質が肌に付着するのを防ぐためでもあります。

しっかり手袋していても誤って皮膚に付着することもありますし、呼吸によってアレルギーを起こすこともあるので、それが原因で美容師を辞めてしまうケースも少なくないのです。

一説には、ジアミン系物質の毒性は、農薬の100倍以上とも言われています。
海外では発がん性物質としてジアミンは厳しく規制する国があるほど危険なものです。

気軽に使える市販の白髪染めに、そんなに危険な成分が使われているなんて、知らない人も少なくありません。

食品や花粉などの何らかのアレルギー体質の方はもちろんですが、それまでアレルギーと無縁でも、髪を染める前にはジアミンを使っていないか、しっかり確認するようにしましょう。

実はあなたもアレルギー予備軍かも!?

花粉症やダニアレルギー、そして毛染めによる疾患アレルギーも全て「感作 かんさ」というメカニズムが体内に起こっているのです。

アレルギーの原因物質である「抗原 こうげん」が体内に侵入すると、カラダの免疫細胞が抗原と戦うための武器を準備します。

これを専門的には「IgE抗体」と呼びます。この抗体はカラダに蓄積され、それが一定量を超えると「アレルギー」が発症します。

カラダの中にガラスコップがあると想像してみてください。

毛染めを続けると、その原因物質が1滴づつコップにたまっていくのです。

コップの淵まで盛り上がっても、こぼれなければアレルギーは発症しませんが、溢れたとたんに恐ろしい疾患がカラダを襲います。

決して「カラーリング、パーマ何でも大丈夫!私は健康だから!」とは考えないでください。

コップが溢れるまえに止めることをおススメします。

美容室やプロ仕様のものが安全と思いこまない

美容室=安全というわけじゃないヘアケア製品は、続々と新製品が発売されます。
市販の白髪染めも色んなタイプが発売されるのですが、サロン仕様と書いていると、なんとなく安心してしまいます。

でも、実際に美容室で使用する白髪染めやヘアカラーにもアレルギーを起こす危険があるジアミンは使われることがあります。

ということは、市販の白髪染めにサロン仕様と書かれていても、ジアミンアレルギーを起こす危険がなくなるわけじゃないので、油断は禁物です。

アレルギーかも!?もし違和感を感じたら...。

ジアミンアレルギーかどうかは自分で判断する場合に注意したいのが、なんとなく痒いだけだからと簡単に思ってしまうと、重度のアレルギー反応が突然でてくる可能性もあります。

発症時についてですが、すぐに反応が出る場合は分かりやすいのですが、遅延型アレルギーの場合はカラー―リングをして時間を置いた後で症状が出ることが多いです。

時間は長い時で48時間後に症状があることもあります。

違和感があればすぐに病院へ

白髪染めをしてから少しでも違う変化やおかしな違和感を感じたら、すぐに皮膚科などを受診しましょう。

先ほども言いましたが、一番NGなのは自分の判断で白髪染めを使い続けたり、塗り薬などを塗らないようにしましょう。

間違った処置は症状を悪化させる原因にもなりかねません。

アレルギーでも使える白髪染め

ジアミンアレルギーは、一度起こしてしまうと、何年経ったとしてもアレルギーの危険はなくなりません。

若い頃に髪を染めてアレルギーを起こした場合は、市販の白髪染めはほとんど使えません。

でも、ジアミンアレルギーの人でも使える白髪染めもあるんですよ。
有害なものも、皮膚に負担をかけるものも、毛髪を傷めるものも含まないトリートメントタイプの白髪染めです。

手袋を使わなくても大丈夫!頭皮についても大丈夫!とアレルギーのある人には嬉しい白髪染めです。

安心して白髪染めしたい方は、試してみる価値はあると思います。

  • この記事を書いた人
Minami

Minami

当サイトへのご訪問ありがとうございます! 管理人のMinamiです^^ 両親が美容室を個人で経営しており、そこから得た知識を活かし、同じく白髪に悩む女性に「いつまでも美髪を楽しむため」の情報を発信しています。

-白髪染めの基礎知識
-, , , ,

Copyright© もう傷まない失敗しない!白髪染めトリートメントおすすめランキング , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.