パーマ

白髪染めとパーマの併用はNG!?プロが教えるベストな方法とは?

投稿日:

白髪染めとパーマの併用
白髪染めは、髪が伸びてくると定期的に染めることになるので、自宅染めでもサロン染めでもある程度の周期で染めることになるでしょう。

プロにお任せのサロン染めをしていると、せっかく美容院に行くのだから、その時にカットやパーマもしたくなりますよね。

カットは問題ないのですが、白髪染めとパーマを同時にするのは美容院で断られることがあります。

それは、白髪染めがパーマの薬剤で色が落ちることがあるので、同じタイミングでは避けたいからです。

白髪染めもパーマも、時間がかかることなので、できれば一度で手早く済ませたいと思うものですが、効果がなくなってしまうのは困る...。

喜ぶ白髪君
白髪染めとパーマを一緒にする場合には、理想的な順番があるんだよ!

そのベストな方法について解説してお伝えしていきます。

白髪染めの色がパーマで落ちる理由とは

白髪染めをして同時にパーマをかけると白髪染めの染料は落ちてしまいます。

逆にパーマをかけてから白髪染めをすると、パーマのウエーブがゆるくなってしまうこともあるのです。

いずれにしても同時に行うのはやめた方が賢明でしょう。

プロである美容師さんも、できれば同じ日は避けた方がよいとアドバイスするのが常識。

一般的に美容院で白髪染めする場合には、2剤式の永久染毛をします。

2剤式の説明

髪の表面のキューティクルを開いて、内部にあるメラニンを脱色して染料を入れる方法で白髪も黒髪も同じ色に染めることができる。

一方、パーマは1剤で髪の内部の構造を壊してから矯正し、2剤でその状態を固定させます。

そして、白髪染めもパーマもどちらも髪の表面のキューティクルを開いて内部の構造まで薬剤を浸透させるのが前提です。

なので、白髪染めをしたばかりの状態だと染料が髪の内部で定着していないので、パーマの薬剤が入ると流れ出てしまいます。

パーマをかけてから白髪染めをするのも、まだ薬剤で矯正した状態が定着していないので取れやすくなるのです。

白髪染めとパーマのベストな順番と疑問について

白髪染めとパーマの順番

白髪染めもしたいけどパーマもかけたいという場合の順番に正しい順番はありません。

ここは美容師さんによって意見は違うのです。

なぜプロなのに違う意見を持っているのかというと、白髪染めやパーマに使う薬剤の違いによって、色落ちやパーマが取れるというリスクにも差があるから。

喜ぶ白髪君
一般的に多いのは、パーマをかけてから1週間後に白髪染めをすると色落ちの心配もなく、パーマも定着しているので取れにくいといわれてるよ!

どうしても同じ日に白髪染めもパーマもしたいという場合は、美容師に相談して最善の順番を考えてもらうことです。

パーマが取れたり、色落ちしてもノークレームじゃなければ受けてくれない場合もあるので、どうしても失敗したくないのなら、日を改めることをオススメします。

白髪染めで傷んだ髪のパーマの効果が高まるの?

パーマの”かかり”はよくなります。

白髪染めによって開いたキューティクルからパーマの薬剤が入りやすくなることが考えられます。

白髪染めをするようになってから、パーマのかかりがよくなったというケースが少なくありません。

これは白髪染めによって髪がダメージを受けていて、パーマの薬剤が髪に入りやすくなったことが影響しています。

髪が健康でキューティクルのコーティング効果がとても強い髪質は、パーマ液の薬剤で髪の内部の構造を変える効果が届きにくいのです。

しかし、白髪染めは強い脱色剤を使っているので、キューティクルが傷むのです。

永久染毛剤の染まる仕組み

傷むことでパーマがかかりやすくなるという複雑な結果ですが、もしも今までパーマがかかりにくくて諦めていたという方が白髪染めを始めるようになってから、もう一度パーマにトライしてみてもよいかもしれませんね。

パーマや白髪染めの併用で白髪が増えるのか?

いいえ。
両方とも髪や頭皮に少なからずダメージとなりえるので心配でしょうが、そうした根拠はありません。

白髪染めもパーマは、髪や頭皮にはダメージがあるというイメージがあるのか、白髪染めやパーマを繰り返していると白髪が増える原因の一端になると思われることがあります。

しかし、それは何の根拠もないことですから、そんな心配はありません。

白髪が増えるのは、髪に色をつける色素が作れなくなるからなので、白髪染めやパーマが色素細胞に影響することはありません。

関連記事
なぜ白髪は加齢とともに増える!?仕組みと原因・予防対策まとめ
なぜ白髪は加齢とともに増える!?仕組みと原因・予防対策まとめ

加齢とともに気になる白髪。なぜ、増えるのでしょうか?ここでは白髪の原因と予防対策などを白髪のできるメカニズムから紐解いて詳しくご紹介しています。

白髪染めカラートリートメントとパーマ併用のリスク

白髪染めのタイプには、一般的な永久染毛の他にも、ヘアマニュキュアや白髪染めトリートメントのような一時染毛があります。

白髪染めトリートメントは、髪を傷めずに徐々に白髪を染められるので自宅染めに使う人が増えています。

利用している人が増えているものですが、きれいに白髪を染める効果としては弱いので、従来の白髪染めの回数を減らす目的で併用している方も少なくありません。

しかし、白髪染めトリートメントを使っている人が美容院で白髪染めをすると、髪の色が緑色や青色、紫色などに変色することがあるのです。

関連記事
トリートメントで白髪染めしたら青や緑に変色!?原因と対処法まとめ
トリートメントで白髪染めしたら青や緑に変色!?原因と対処法まとめ

お気に入りの白髪染めトリートメントで染めていたら白髪がいきなり青や緑色に変色してしまうことがあります。でも、慌てないで大丈夫!ここではその変色の原因と対処法をまとめてご紹介しています。

喜ぶ白髪君
これは白髪染めトリートメントに使われるHC染料と、従来の白髪染めに使われる酸化染料が化学反応を起こしてしまうことが原因なんだよ!

トリートメントタイプの白髪染めを使っている間に美容院で白髪染めをする場合は、最短でも1週間はトリートメントカラーを使うのは控えましょう。

トリートメントタイプの白髪染めは、髪の内部には色素が入らないので、シャンプーのたびに色落ちしてきます。

白髪の部分が目立つくらいに色が落ちてからなら、美容院で白髪染をしても変色のリスクは少ないでしょう。

まとめ:白髪染めもパーマも楽しみたいなら

白髪染めをしながらパーマもしたいという方は、自宅で使う白髪染めを選ぶ時に、美容師のアドバイスをもらった方が安全です。

色落ちする、パーマが取れる、髪が変色するなどのリスクを避けるためには、プロの意見を参考にするのがベストでしょう。

白髪染めがパーマで色が落ちるのを避けるのは、間隔を空けるだけで防げるので、難しいことではありません。

忙しい方には時間を作ることが大変だと思いますが、ムリをしてどちらも台無しになってしまっては残念過ぎます。

少しだけゆとりを持って、美容師さんに相談してみましょう。

  • この記事を書いた人
BeautyCc編集部

BeautyCc編集部

大手化粧品メーカーの美容部員やカウンセラー、美容師やエステティシャンなど美容業界でバリバリ活躍していた女性たちが「子育て」と「好きな仕事」の両立を在宅ワークで実現するために発足したBeautyCc。 「プロの知識」×「素人の好奇心」をモットーにさまざまな美容アイテムの最新情報や女性の悩みを解決するためのコンテンツを体当たりで発信しています!

-パーマ
-, , , , ,

Copyright© もう傷まない失敗しない!白髪染めトリートメントおすすめランキング , 2018 All Rights Reserved.