おしゃれ染め

おしゃれ染めで白髪は染まる!?白髪染めとの違いやベストな選択方法まとめ

更新日:

おしゃれ染めで白髪は染まる!?白髪染めとの違いやベストな選択方法まとめ

白髪が目立ってきたら白髪染めをすることは一般的ですが、まだまだおしゃれを楽しみ尽くしたい若年齢の方は「白髪染め」ということに対して抵抗があるかもしれません。

今までは自分のもともとの髪色を変えるおしゃれ染め(ファッションカラー)は、その時代によって、明るめの髪色が流行ったり、暗めが流行ったりしますし、イメチェンしたり、その時々の気分に合わせることもできました。

加齢とともにポツポツ白髪が増えてきて思いつくのは、今まで通りのおしゃれ染めでも白髪をカバーすることができるのかどうか...ということです。

白髪染めデビューしようか、それともおしゃれ染めを使い続けるか迷ってしまうのは、その違いがよくわからないからではないでしょうか。

同じように髪を染められるのなら、白髪染めでもおしゃれ染めでも同じような気もしますよね。

ここでは白髪染めとおしゃれ染めの違い、選び方のポイントなどをご紹介していきます。

白髪染めとおしゃれ染めの違い

ドラッグストアのヘアカラーコーナーに行くと、明らかにはっきりと白髪染めコーナーとおしゃれ染め(ファッションカラー)コーナーに分かれています。

ドラッグストア

そこまではっきり分かれているのですから、商品にも明らかな違いがあると思うのが普通ですね。

ところが、その違いは髪色を黒っぽくするか、明るくするのか、目的別に配合されている染毛料の配合率の違いだけなのです。

白髪は、もともと色素がない状態で生えてきますから、その白髪に色素を入れないといけません。
そのために暗い色調の染料を多く配合しており、明るくする為の脱色剤の配合量が少なくなっているのです。

一方のおしゃれ染めは、黒髪の色を変えるために、もともとも黒い色素を抜くのでブリーチして明るめの色調の染毛料が配合されています。
ブリーチする工程があるので、白髪染めとおしゃれ染めの違いはブリーチ剤の有無だと思ってしまいますが、じつは白髪染めにもブリーチ剤は配合されています。

これは、白髪ではない黒髪も同じ色に染めるために、ブリーチをして染料を入れる必要があるからです。

一旦まとめ
  • おしゃれ染めは明るくできるけど白髪が染まらない
  • 白髪染めは明るくなりづらいが白髪は染まる
補足

一応、「白髪染めとおしゃれ染めをブレンドすることで明るい白髪染めもできる」なんて方法もありますが、基本的にはこういうことが違いといえます。

おしゃれ染めで白髪は染められないのか

白髪染めとおしゃれ染めの違いは、単なる染料の明るさの違いで、髪を染めるメカニズムとしては大きな違いはないとしたら、ずっとおしゃれ染めを使い続けても問題ないはずです。

でも、そうはいかないので白髪染めとおしゃれ染めはわざわざ分かれているのです。

おしゃれ染めでメッシュの金髪に!?

私の母の話で恐縮ですが、若いころからずっと美容室で髪を少し明るめのブラウンに染めていたのですが、60歳くらいになったら、髪を染めた直後でも、まるでメッシュのように部分的に金髪になっていました。

金髪メッシュのイメージ図
※これはあくまでイメージ図です。実際はもっとマダラで不自然な感じです。

黒髪のところと全く違う色合いになるので、それが目立つようになってから白髪染めにシフトチェンジしていました。

白髪の生え方が部分的でメッシュになってもおしゃれな感じになればそのままでも問題ないと思いますが、そんなに思い通りに白髪は生えないので、落ち着いたブラウンの白髪染めをするようになったのです。

おしゃれ染めでは白髪を染めるのは難しいのです。

裏技!?白髪染めとおしゃれ染めは混ぜて使える?

美容院で白髪を染めにいく方の中には白髪染めでも「出来るだけ明るいカラーで白髪を染めたい!」という方もいるでしょう。

とくに若白髪とは言わないまでも、30代後半~40代前半のまだまだおしゃれを楽しみたい世代に多い。

そこで、美容室ではダブルカラーというテクニックを使うこともあります。
ブリーチで髪の脱色をして金髪のようにハイトーンにしてから、白髪染めで染める。

 

ダブルカラーのメリット

  • 発色が良い
    ブリーチでは髪の色素を抜いていくので、黒髪から茶髪、金髪のように、次第に髪色が薄くなっていきます。薄くなった髪色にヘアカラーを入れるので、おのずとヘアカラー本来の色味が出やすくなります。
  • 透明感あふれる髪色を手に入れることができる
    ブリーチなしでヘアカラーを入れるより、明るめに仕上がるのも嬉しい特徴です。またブリーチなしでは表現しにくい微妙な色合いのカラーや、ビビッドなカラーなども発色しやすくなります。

ダブルカラーのデメリット

  • 髪が傷みやすい
    ブリーチでは色素を抜いてしまいますので、どうしても髪や頭皮に負担がかかってしまいます。ブリーチを繰り返すと、髪がパサパサになってしまう場合も。
  • 色落ちしやすいのもデメリット
    ブリーチで髪の色素を抜いてしまうので、髪のなかはスカスカの状態になることも。スカスカの状態では、ヘアカラーが定着しづらいので、色落ちしやすくなってしまいます。

また、もう一つは頭髪全体をオシャレ染めして、新しく生えてきた根元の白い部分だけ、あるいは部分的に生えた白髪だけ白髪染めで染める。

2つのヘアカラーでそれぞれ部分染めしていくことになります。
これは色の変わり目のグラデーションや2種類の色での統一感を実現するには相当なテクニックがいりますし、失敗する恐れもあります。

この辺は美容師さんに相談して決めなくてはいけませんね。

白髪染めとおしゃれ染め、ダメージは!?

気になるダメージ

白髪染めには、黒髪用のヘアカラー、ヘアマニキュア、スプレー、白髪染めと種類も豊富になり選択肢が増えてきたのはよいことなのですが、共通して気になるのは髪や頭皮へのダメージでしょう。

白髪染めとおしゃれ染めのダメージ

白髪染めのデメリットは、髪の毛や頭皮を傷めることですが、これに関しては、おしゃれ染めでも同じです。

白髪染めは、髪の毛の色を明るくするわけじゃないので、明るくするよりもダメージが少ないと思っている人もいますが、そうではありません。

黒髪も白髪も同じ色に染めるために、白髪染めにもブリーチ剤が入っています。
一度色素を抜いてから、染毛料を化学反応させて染めるのが白髪染めなので、白髪染めを使うたびにブリーチして髪や頭皮にダメージを与えます。

この白髪染めの仕組みに関して言えば、市販の安いものでも美容室で使うものでも同じです。

使用されている薬剤の差があったとしても、何度も白髪染めを繰り返せば、髪や頭皮のダメージは避けられません。

基本的にヘアマニキュアとスプレーは髪表面に染料を付着させるだけなので髪へのダメージはほぼ無いといえます。

最近人気のトリートメントタイプの白髪染めも髪表面に染料をコーティングするものなので髪へのダメージはありません。

髪や頭皮を健康的に保ちたいかどうか、しっかりと白髪を染めたいかどうか。
この辺が白髪染めを選ぶ際の基準になると思います。

白髪染めとおしゃれ染めの選び方まとめ

白髪染めとおしゃれ染めの違いは、染毛料のトーンが暗いのか明るいのか、そこだけの違いだと考えればシンプルでわかりやすいでしょう。

おしゃれ染めをやめて白髪染めするとしても、結局ずっと髪と頭皮はカラーリングによるダメージが積み重なります。

どちらにしても、髪や頭皮を傷めるリスクは避けられませんが、白髪を自然にカバーしながらトリートメントできるタイプ(白髪染めトリートメント)は、白髪染めかおしゃれ染めか迷うくらいの世代の人には、ダメージのリスクがなく健康で艶やかな髪をキープでき、なおかつ使いやすいので、選択肢の一つとしてお試ししてみてはいかがでしょうか!?

 

 

CTA

加齢にともないどうしても避けることができない女性の大敵「白髪」
男性とは違い女性にとっては老け感を一気に増してしまうので、ちらっと見え始めたらすぐにでも染めたいところ…。

ただ、白髪染めは厄介な問題も多々あります。

 

白髪染めに関する主な悩み

  • 美容院で染めるのに何回も通うのが面倒くさい…経済的にも馬鹿にならない。
  • 市販のヘアカラーは髪を痛めてしまう恐れが…。
  • アレルギーなどの心配があるから正直こわい…。
  • 年齢を重ねてもキレイな艶のある長髪を楽しみたい…

美容師で勤務していたときから、そうした悩みが絶えない女性をたくさんみてきましたが、本当に白髪の悩みは深刻なもの。
また、肌ツヤよりも髪ツヤのほうが若々しい印象を創るのに重要であることも最近の研究では明らかになっています。

しかし、そんな白髪に悩める女性の救世主としてSNSや雑誌・メディアで爆発的な話題をふりまいているのがカラートリートメントタイプの白髪染めです。

いつもあたりまえのように行うトリートメントで白髪染めができる超お手軽さと、徐々にキレイに染まりあげていく浸透性の高さ、さらにどんなに長い髪でも使っていくうちにいつも以上のハリとツヤのある美髪へ導いてくれます。

ヘアカラーのような劇薬不使用でアレルギーなどの心配は皆無。
髪はもちろん、頭皮環境までも健全に保ってくれますよ!

美のプロフェッショナル集団であるBeautyCc編集部が「プロの知識」×「素人の好奇心」をモットーにさまざまな白髪染めタイプのカラートリートメントの最新情報や体験レポート、白髪に関する悩みを解決するためのコンテンツを体当たりで発信しています!

今すぐランキングへGo!

  • この記事を書いた人
BeautyCc編集部

BeautyCc編集部

大手化粧品メーカーの美容部員やカウンセラー、美容師やエステティシャンなど美容業界でバリバリ活躍していた女性たちが「子育て」と「好きな仕事」の両立を在宅ワークで実現するために発足したBeautyCc。 「プロの知識」×「素人の好奇心」をモットーにさまざまな美容アイテムの最新情報や女性の悩みを解決するためのコンテンツを体当たりで発信しています!

-おしゃれ染め
-, ,

Copyright© もう傷まない失敗しない!白髪染めトリートメントおすすめランキング , 2018 All Rights Reserved.