白髪染めトリートメントの基礎知識

染まり方が段違い!白髪染めトリートメントの一手間かけた使い方まとめ

更新日:

染まり方が段違い!白髪染めトリートメントの一手間かけた使い方まとめ

白髪染めトリートメントを使っている、または使いたいと思ったあなたが白髪染めトリートメントを選んだ理由は以下の5つのメリットに魅力を感じたからではないでしょうか!?

  1. 白髪を染めているのに綺麗な髪の毛になる
  2. 徐々に白髪が目立たなくなる
  3. 手間がかからず白髪染めができる
  4. 髪を傷めず髪自体の補修もできる
  5. 白髪や薄毛の予防に繋がる

これまでの市販の白髪染めと違い、髪をケアするためのトリートメントのような使い方で、白髪をカバーすることができる白髪染めトリートメントは、キレイな髪のまま白髪をカバーしたい女性に大人気です。

しかし、普通に使っているだけだと、なかなか白髪が染まらないという不満の声も多いのも事実。

白髪染めトリートメントに対する不満

  • 1回でしっかりと白髪を染めることができない
  • シャンプーによって白髪の染まりが悪くなる

こうしたデメリットは使い方を工夫することでカバーすることも可能です。

ここでは、白髪染めトリートメントのメリットを活かし、デメリットを最小限に抑える使い方のポイントをご紹介していきます。

白髪染めトリートメントで上手に染める3つのポイント

白髪染めトリートメントは、日頃使っているコンディショナーやトリートメントの代わりに使って髪を染めていくというものです。

そのため、「お手軽じゃんっ♪」と多くの人が使っていますが染まらずに困っている人も多いようです。

また、白髪染めに限らず、髪質の違いによって、カラーリングやパーマの仕上がりには当然個人差がありますし、白髪染めトリートメントは、一般的に髪が太い人は染まりにくい傾向があります。

喜ぶ白髪君
トリートメントタイプの白髪染めは僕達の質によって効果に随分と違いが出てくるんだよ。

次は、髪質で区別するのではなく、使い方によって染まりにくさをカバーする方法をご説明します。

白髪染めトリートメントの基本工程

ここ数年で白髪染めトリートメントは数多くの種類が販売されており、商品によっても使い方に多少の違いがあります。

ですが、まずは基本的な工程を覚えておきましょう。

トリートメントの基本工程

  1. 普通にシャンプーをし、水気を軽く切っておく
  2. 髪に白髪染めトリートメントを塗布
  3. 始めて使う場合は10分、2回目以降は5分程度時間を置く
  4. すすいだお湯に色が出なくなるまでしっかりとすすぐ
  5. タオルで軽く水気を取ってドライヤーで乾かす

この基本の使い方に多少の工夫を施すことで圧倒的に染まりやすくなります。
次にその3つの使い方のコツ・ポイントをご紹介していきます。

ポイント1:白髪染めトリートメント使用前の準備

白髪染めトリートメントは、シャンプーの後に使用しますが、シャンプーの成分にシリコンやオイル、ポリマーなど、髪の表面をコーティングする成分が入っていると、染まりにくくなります。

髪が傷んでいると、シャンプー後のキシキシを防ぐためにコーティング成分が入っていると指通りがよいので使いやすいのですが、白髪染めトリートメントとの相性は良くないです。

白髪染めトリートメントを使う時は、石けんシャンプーを使って髪をすっぴん状態すると染まりやすくなります。

ノンシリコンは染まらない

ポイント2:白髪染めトリートメントは乾いた状態で始める

白髪染めトリートメントの種類によって基本的な使い方が違いますが、髪の毛を傷めないで染めるタイプは2つのコツがあります。

  • 使い始めは連続して使用することと
  • シャンプー後ではなく乾いた状態で使う

こうすることで圧倒的に染まりやすくなります。

何度か使い続けて、ある程度染まってきたら週に1度か2度、シャンプー後のトリートメントとして使える基本の工程に戻すのがポイントです。

また、注意点は以下の3つ。

注意!
  • 整髪料を使用している
  • 頭皮が汗ばんでる
  • シリコンやオイル、ポリマーなどのシャンプーを使っている

こうした場合にはシャンプーで髪や頭皮をキレイにした後にドライヤーでしっかりと乾かした後に10分放置で白髪染めトリートメントを行えばキレイに染めることができます。

ポイント3:浸透力を高める温め効果

市販で売られている従来の2剤式の白髪染めは、酸化剤の化学反応を利用して髪を染めるので体温が上がることで薬剤の反応が進み過ぎてしまって、発色に影響が出たり、髪や頭皮へのダメージが促進されてしまうので注意が必要でした。

しかし、こうしたマイナス面は白髪染めトリートメントにはありません。
染毛メカニズムとして、化学反応を利用していないからというのがその理由です。

喜ぶ白髪君
トリートメントタイプの白髪染めは染色剤がとても優しいから、ぼくたちや土台となる頭皮の環境にとってもとても良いものなんだ!

白髪染めトリートメントは塗った後なにもせずに放置でもよいのですが、髪・頭皮を温めることでさらに浸透力が高まります。

トリートメント効果を高める方法
  • 100均にあるビニールキャップをかぶる。
  • その上からレンジでチンした蒸しタオルを巻くorドライヤーを当てる。
  • 毛染め用のアルミキャップを被る。

いずれかの方法にプラスして、湯船に浸かることで頭皮の温度が上昇し、浸透力が格段に高まり、染まりやすさが全然違います。

ヘアキャップ
二重構造のキャップが保温性を高め、外気の温度にかかわらず効率的にカラー剤を塗布した髪をあたため、キューティクルが開いて色が乗りやすくなります。

白髪染めトリートメントを長持ちさせるには2つのコツがある

思ったほど染まらないとか、一度のシャンプーですぐに色が落ちてしまうなど、白髪染めトリートメントには色々と不満の声が多いのも事実です。

傷まないのはいいけれど、肝心の「白髪を染める」目的に効果がないのは困りますよね。

ただ、これまでにご紹介した白髪染めトリートメントの使い方のコツやポイントを実践すれば断然に染まりやすくなります。

しかし、せっかく染まりやすくなる使い方でキレイにムラ無く染まったのに、すぐに色落ちしてしまっては残念すぎます。

そこで、染まった後の色落ちを防ぐためのコツとして、シャンプー選びが重要になります。

洗う黒髪君
せっかく上手く染めることができたとしても、シャンプーなどのケアに気を遣わないと、すぐに色落ちしてしまうよ!

ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naの入ったシャンプ-

白髪染めトリートメントを使った翌日などに使うシャンプーの洗浄力が強力過ぎると、翌日には色が落ちやすくなってしまいます。

市販のシャンプーに含まれる合成界面活性剤として一般的だったのが、ラウリル硫酸ラウレス硫酸です。

この他にも、合成界面活性剤の成分はいくつかありますが、洗浄力が強い成分の代表として、ラウリル硫酸やラウレス硫酸が有名です。

これらの成分は、低コストで大量生産できる洗浄製品にはよく使われるものだったので、市販のシャンプーには、現在でも幅広く使われています。

せっかく白髪染めトリートメントを使っているのに、翌日にはすぐに色落ちしてしまっては意味がありませんからね。

色落ちを防げるアミノ酸系シャンプー

色落ちを防ぐためには、アミノ酸系シャンプーを使うことをおすすめします。

アミノ酸は、ヒトの皮膚にもある成分です。

刺激も少ないし、強い洗浄力で色落ちさせるリスクを軽減できます。

アミノ酸系シャンプーに使われる洗浄成分は、ココイル加水分解コラーゲン、ラウロイルシルクアミノ酸などがあります。

市販のシャンプーでも、アミノ酸系シャンプーはありますので、白髪染めトリートメントを使うようになったら、普段のシャンプーの成分にも注意してみましょう。

以下の記事ではより詳細に、カラートリートメント後のケア方法について書いていますので、チェックしておくとよいでしょう。

関連記事
色落ちしやすい白髪染めトリートメントの原因とカラー長持ち対策まとめ
色落ちしやすい白髪染めトリートメントの原因とカラー長持ち対策まとめ

染まりにくい上に色落ちしやすいと不満が募る白髪染めトリートメントですが、特徴と原因を踏まえて対策すれば随分と不満も解消できます。ここではそんな白髪染めトリートメントの色落ちしやすい悩みを解決する方法をご紹介しています。

続きを見る

まとめ

白髪染めトリートメントを使いたいけど肝心な白髪を染める効果に不満や不安を持って白髪染めトリートメントを使うのをためらっている方や継続してない方も多いと思います。

髪に優しい分染まりにくいのは諸刃の剣のようなものですが、多少の手間をかければ白髪染めトリートメントでしっかりと染めることはできます。

ただ、その手間を面倒に感じてしまうかも知れません。

しかし、白髪染めトリートメントは特性を知って、効果が発揮できるような使い方をすればしっかりと白髪を染めることはできます。

白髪染めトリートメントを使う前には、まず説明を読んでそれでも染まりが悪い場合は、効果的な染め方を試してみましょう。
きっと満足のいく仕上がりになります。

髪を傷めない白髪染めトリートメントを使って、いつまでも綺麗な髪を保つようにしましょう。

  • この記事を書いた人
Minami

Minami

当サイトへのご訪問ありがとうございます! 管理人のMinamiです^^ 両親が美容室を個人で経営しており、そこから得た知識を活かし、同じく白髪に悩む女性に「いつまでも美髪を楽しむため」の情報を発信しています。

-白髪染めトリートメントの基礎知識
-, ,

Copyright© もう傷まない失敗しない!白髪染めトリートメントおすすめランキング , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.