美容院

美容院でのカラーとトリートメントのセルフカラー併用のコツと注意点

投稿日:

美容院の染め方との注意点

白髪は頭頂部の分け目や生え際などは目立ちやすいので、その部分が少しでも伸びてくると気になるもの。

髪が伸びるペースは個人差がありますが、白髪の分量が多い人だと、2週間くらいで根元の白髪が目立ってしまうことがあります。

しかし、2週間に1度のペースで美容院の白髪染めをするのは、時間的にも経済的にも少し負担が大きくなってしまうので、何とかその間隔をカバーできる方法があると助かりますね。

そこで人気が高まっているのがヘアカラートリートメントです。

ここでは、ヘアカラートリートメントをしながら美容院の白髪染めをする場合に注意しておきたいことを紹介していきます。

ヘアカラートリートメントを美容院と併用する問題点

ヘアカラートリートメントは、髪の毛の内部にまで染料をしみ込ませずに、表面に着色するだけなので、時間が経過すると元の色に戻ります。

喜ぶ白髪君
しかも、一気に染まるわけではないので、白髪染めというよりも、白髪ぼかしというイメージで使うものだね。

美容院の白髪染めには、酸化染料を使った永久染毛、酸性カラーとも呼ばれるヘアマニュキュア、ヘナなど植物染料を使ったカラーなどお店によって扱うメニューが違います。

使用する染料が違うので、それに含まれる薬剤の成分も同じではありません。

そのため、美容院の白髪染めの間に自宅でヘアカラートリートメントを使うことで、ある問題が起こってしまうのです。

緑色に変色するという白髪染め問題

当サイトに寄せられる質問でよく見かけるのが、ヘアカラートリートメントを使いながら美容院の白髪染めをすると、髪の毛が緑色に変色するというウワサです。

そのウワサの真相についてははっきりしていません。

本当にそのような問題が多発しているとすれば、もっとヘアカラートリートメントの使用に対して注意喚起されると思うのですが、そこまで大きな問題になっていないので、単なるウワサではないかという説もあります。

しかしヘアカラートリートメントの種類によっては、白髪染めの薬剤と化学反応を起こして緑色に変色することはあるようです。

ただし、どの成分が化学反応を起こすのか解明されているわけではないので、商品を特定するのは難しいでしょう。

ひとつだけハッキリしているのは、光に反応させることで染めるタイプの白髪染めには、硝酸銀という成分が配合されています。

この成分が、カラーリングやパーマ液などに含まれるアルカリ性の薬剤に触れると緑色に変色してしまうのです。

しかし、光で染まるタイプの白髪染めはヘアカラートリートメントとしては一般的でありません。

傷んだ白髪君
ヘアカラートリートメントと美容院の白髪染めの併用については、とくに問題になるとは考えられないんだ...。
関連記事
トリートメントで白髪染めしたら青や緑に変色!?原因と対処法まとめ
トリートメントで白髪染めしたら青や緑に変色!?原因と対処法まとめ

お気に入りの白髪染めトリートメントで染めていたら白髪がいきなり青や緑色に変色してしまうことがあります。でも、慌てないで大丈夫!ここではその変色の原因と対処法をまとめてご紹介しています。

白髪染めが染まりにくい問題とは?

ヘアカラートリートメントは、髪の表面のキューティクルを少し開き、表面にだけ着色させます。

そしてコーティング成分によって、表面の染料をできるだけ長持ちさせるので、指通りが良くなりツヤも出て、美髪効果が得られるのが特徴です。

しかし、コーティング効果によって、美容院で白髪染めしようとしても、思うような色合いに染まらないことがあります。

コーティング効果がなくなってから染めれば問題はないので、美容院で染める前にはヘアカラートリートメントの使用を中断した方がよいでしょう。

美容院で白髪染めをする時の注意点をチェック!

美容師に伝達

ヘアカラートリートメントの効果は、数回のシャンプーで落ちてしまうので、1週間に1度以上の使用をしないと白髪をカバーする効果は続きません。

そのため、美容院で白髪染めをする前にもそれほど時間を空けずにヘアカラートリートメントを使ってしまうことも珍しくないと思います。

その場合は、白髪染めをする前にヘアカラートリートメントを使っていることを美容師に伝えるようにしましょう。

ポイント

できれば、使用しているヘアカラートリートメントの成分がわかるものを持参して薬剤との化学反応のリスクについて確認してもらうと安心です。

知識が乏しく、自信を持てない美容師なら、断られる恐れはありますが、ムリに染めて万が一に失敗でもしたら大変でしょう。

もしも安全を優先する場合は、ヘアカラートリートメントの使用から1週間以上空けてから染めることをオススメします。

喜ぶ白髪君
白髪染め用のトリートメントの効果は10日~2週間も経てば無くなりますので、2週間後なら心配ないよ!

美容院で染める前にチェックすること

美容院での白髪染めをはじめて行う場合は、アレルギーの有無についてきちんと確認した方が安全です。

白髪染めに使われるジアミン系の染料はひどいアレルギーを起こすことがあります。

過去に一度でもヘアカラーをしてアレルギーを起こしたことがある場合は、美容院で染める前にしっかり伝えましょう。

喜ぶ白髪君
ジアミンフリーのヘアカラーをしている美容院を探しておくと安心だね。
関連記事
アレルギーの恐怖が! ジアミンの症状と対策方法まとめ
白髪染めはアレルギーの危険が!?ジアミンの症状と対策方法まとめ

白髪染めやヘアカラーで違和感を少しでも違和感を感じたらアレルギー発症の危険性も!?最悪の自体を避けるためにも必要な知識を備えましょう。ジアミンの恐ろしい症状と対策方法をまとめてご紹介しています。

そして前述でも触れましたが、ヘアカラートリートメントを使っていることと、最後に使ってから何日経過しているのかを使えます。

2週間以上経っていればまず断れることはないと思いますが、思うようなカラーに染まらないこともあるので、美容師さんとよく相談するようにしてください。

まとめ

ヘアカラートリートメントは、一時的な効果しかないので、きれいにしっかり白髪を染めるのは美容院のヘアカラーには勝てないでしょう。

白髪の量が増えてくると、ヘアカラートリートメントだけで白髪をカバーするのは難しくなってきます。

美容院との併用はとくに問題ありませんので、注意するポイントを押さえてきれいな髪色を保っていきましょう。

  • この記事を書いた人
BeautyCc編集部

BeautyCc編集部

大手化粧品メーカーの美容部員やカウンセラー、美容師やエステティシャンなど美容業界でバリバリ活躍していた女性たちが「子育て」と「好きな仕事」の両立を在宅ワークで実現するために発足したBeautyCc。 「プロの知識」×「素人の好奇心」をモットーにさまざまな美容アイテムの最新情報や女性の悩みを解決するためのコンテンツを体当たりで発信しています!

-美容院
-, , ,

Copyright© もう傷まない失敗しない!白髪染めトリートメントおすすめランキング , 2018 All Rights Reserved.